大納言 疾走る!

レンタルカートを中心に無責任に不定期に語る

スポーツランド生駒 再び走ってみた

初見参からおよそ1か月、早くもスポーツランド生駒に再び訪れることができた。 

f:id:DAINAGON:20161017111407j:image

到着するとレーシングカートの方々が矢のように風を切って練習走行にいそしんでいる。

見惚れてしまうほど速い。めちゃめちゃ体にキツいだろうけど、気持ち良さそうですなぁ。

ラップタイムは手元計測でおよそ31秒台あたり。レンタルカートのレコードより6秒も速い。同じコースでも見える世界が随分と違うんでしょうねー。

なんべんも言ってるけど、一度は経験してみたいっす。

f:id:DAINAGON:20161016231857j:image

そして時計は16時。

ここから日没閉店までレンタルカートの時間だ。

レーシングの皆さんがピットで後片付けしているところを淡々とレンタルカートで地味ぃ〜に走るのだ。

この微笑ましいコントラスト、案外嫌いじゃない。

 

今回は前回初見参時のベストタイム38秒8を切り、37秒台の領域に踏み入れることが目標。

日没まであと1時間チョイ。いっちょ頑張りまっせー!

(前回の様子はコチラ↓)

スポーツランド生駒 走ってみた - 大納言 疾走る!

 

まず1セット目。

走り始めて1、2周、どーも違和感を感じる。

…ん??ここのSodiってこんなに遅かったでしたっけ?

なーんだか直線が伸びない。そして弩アンダーステア。しかも右コーナーでステアリングを目一杯切るとゴゴゴゴゴ…という、まるでジョジョのような異音を発するではないか。

なーんぼ頑張っても掲示板のタイムは冴えない。

カートの調子が悪いのか?はたまた最近走ったハーバーサーキットの感覚を引きずってしまっている、いわゆるハーバーぼけ(勝手に命名)に陥ってしまっているのか?

まあとにかくヤバいくらい体感が遅い。前回もこんな感じだったっけ??はてなマークいっぱいのまま帰投。

ベストタイム39秒426。

やっぱりダメ…。

うーむ、絶対俺のせいじゃない。カートを変えてもらおう。

気さくで優しい女性スタッフさんに速攻で、このカートおかしくね??と訴える。

すると、「Sodiってそんなもんですよー。重いから曲がらないです。直近で違うコース走りましたぁ?だったら凄く違和感を感じただけかも知れません。ゴゴゴゴ?? あ、それは曲がりきれなくてタイヤが鳴っちゃったんだと思いますよー。それを見越して走らないとダメです。」

 

…お、おう。

うーん、こりゃあマズい展開だぞ。確かにレンタルカートの特性としては、おっしゃる通りだと思う。しかし、この論調に納得してしまうと完全に俺の腕のせい。ということになる。そしてヤバいことに、ここは1度マシンが当てがわれると、その後もずっと同じマシンで走るシステムだ。

万一本当にカートが悪い場合、今日のタイムアップはほぼ見込めない。

 

やっぱりどーしても納得ができない。お姉さんにもう1プッシュしてカート交換を懇願。

幸い他のグループ客がいないし、ということで速攻で違うカートの用意を快諾してくれた。ここのスタッフさんほんと柔軟で素敵。

 

これで遅けりゃあ、俺のせいです。

マシンを乗り換え、確認の2セット目をスタート。

 

お!!やっぱり違ぁーーーーう!これこれこれ。これぞ普通の乗り味ですよ!

ピットロードから出る僅か十数メートルで早くも違いに気付く。

ホッと一安心。やっぱりさっきのマシンは調子が悪かったんだな。よしよし。

気を取り直して攻めどころを思い出しながら走る。

 

が、しかーーーし!!

慣れてきた中盤からバイザーにポツポツと雨のしずくが…。

おいおいおい、どんどんしずくが増えていく。雨脚が強くなってきた。こんな時に雨かよぉー。天気予報では今日はくもり予報だったはずじゃねーか??

山あいなので天候が不安定なのだろう。一瞬にして路面がしっとりウエットに変貌いたしました。

その後はタイヤの踏ん張りがまったく効かず、探り探りの走行。ラップは40秒台を連発。最後は勢い余って大スピン。

すげー神経使うわ。これはこれで面白いですけどね。

2セット目ベスト38秒987

仕切り直しの2セット目は、悲しいかな雨にブチ壊される。降る直前のラップで辛くも38秒台に持ってこれたが、初回訪問時よりまだ遅い。

雨に降られちゃあ、今日はもうお手上げだな…

 

でも私は帰らない。往生際が悪いので、とりあえず雨が止むのを待つ。

 

すると奇跡的に10分程で完全に止んでくれた。

しかし既に肌寒い秋。他に走るグループ客は居ないし、そう簡単に路面は乾いてくれない。

これ以上待つと日没閉店になっちゃうので、ウエットを楽しむつもりで3セット目を乗ることにした。しゃーない。マシンは2セット目にマトモな奴に変わっているから不安は無い。

 

ラストの3セット目スタート。

路面は悲しい状態だが、精一杯楽しもうではないか。

 

ウエット路面におけるスリックタイヤの限界を探り探り確かめながら走る。

次第に体が慣れてきたのか、ウエットな路面にストレスを感じなくなってくる。徐々に乗れてきた。

 

そして中盤を過ぎた頃、

…あれ?俺、速くなってきてる?

気が付けば路面が早くも回復を始めていた。なんちゅう水ハケの良さ!もはや感覚的にはドライに変貌している。

しかもウエット走行の恩恵なのか、前回悩んだ最終セクションの攻略に光明を見出した。

左90度を抜けてしっかりブレーキングしてからS字に入っていく。すると明らかにメインストレートまでのスピード乗りが違う。

これは掴んだ!よっしゃ行くでーー!!

とやる気になった瞬間、無情にも7分間が終了。

3セット目ベスト38秒103。

 

意外にも自己ベストから驚きのコンマ7短縮!

よかったぁーーー。いやーウエットさまさまです!

まさに怪我の功名。

 

波乱含みの展開でしたが、結果をみればとても実のある3セット走行となりました。

f:id:DAINAGON:20161017111350j:image

次回は完全ドライ路面で37秒台を目指します!!

 

スポーツランド生駒

 http://www.sportslandikoma.jp/index.htm

自己ベスト38秒103