読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大納言 疾走る!

モータースポーツ、あんこ話を中心に無責任に不定期に語る

スポーツランド生駒 走ってみた

大阪と奈良の県境、生駒山阪奈道路沿いにあるスポーツランド生駒。

ビュンビュン飛ばす自動車専用道路のやや下り坂に位置しており、入るにはちょいと注意が必要。ボーッとしてると一瞬で通り過ぎる。通り過ぎると戻ってくるのが超面倒なエリアなので、少し不安だったがなんとか無事に到着。

 

f:id:DAINAGON:20160925212301j:image

スポーツランド生駒はバイクとレーシングカートがメインの共用サーキットなのだが、時間限定でレンタルカート走行をさせてくれるのだ。

f:id:DAINAGON:20160925212243j:image

レンタルカート開始時間に少し余裕を持って到着したところ、丁度バイクのレースが開催されていた。

 

驚きの大盛況ぶり!!人がわんさか居るぞ!!

こりゃ相当大きな大会のようだ。

f:id:DAINAGON:20160925215952j:image

f:id:DAINAGON:20160925220000j:image

屋台まで出てる。

f:id:DAINAGON:20160925222051j:image

観覧席にもすんげー人!

f:id:DAINAGON:20160925222738j:image

バイクかっこええ!

f:id:DAINAGON:20160925223202j:image

f:id:DAINAGON:20160925223239j:image

こんな小さなコースを、ちょこまかハングオンしまくりで軽快に走り抜けていく。

f:id:DAINAGON:20160925223405j:image

マシンをぶん回してめっちゃ楽しそうだ。

とても楽しく観戦させていただきました!

f:id:DAINAGON:20160925235645j:image

さてさて、大盛り上がりの表彰式を尻目にレンタルカートの時間。

 

我々をめちゃくちゃアットホームなスタッフのお姉さん達が出迎えてくれた。

たまたまレンタルカート客が我々だけだったからなのか、バイクの大会で他のスタッフさんが動けないからなのかわからないが、マシン・ルールの解説から、乗車誘導、マーシャル、帰投後のケアまで、終始ベタ付きでお世話してくれた。まさにコンシェルジュ状態。しかも対応が実に柔軟。

いやー、こんな生きた接客をしてくれるカート場は少ないぞ。ビジネスライクな対応がひとつもない。素晴らしい。

 

お値段はライセンス料200円、走行7分2000円。回数券制度は無し。

支払いは走った分だけラストに一括精算とのこと。面倒くさくなくてイイね。

時間的に3セット走れたらいいかなー。

カートは1度号車が割り当てられたら毎回同じカートで走行できるので1日の成長度が掴みやすい。なかなか良いシステムだな。

 

そのカートマシンは関西では初導入らしいSODIのRX7。

木更津で乗ったやつはRX8だったから、ひとつ型落ちになるが、カウルやペダルの色、ブレーキランプの有無を除けば特に大きな違いは無い感じ。

f:id:DAINAGON:20160925225126j:image

f:id:DAINAGON:20160925225135j:image

f:id:DAINAGON:20160925225145j:image

ペダルは手元で調節できる優れモノ。

f:id:DAINAGON:20160925230312j:image

全車に神社の交通安全シールが貼ってある。

こういう細やかな気持ちって案外嬉しい。

f:id:DAINAGON:20160925225529j:image

エンジンはホンダのGX270とのこと。

で、よく見るとSODIって、シートがセンターより結構左寄りにセットされてるんですね。写真見て後から気付いた。

f:id:DAINAGON:20160925230047j:image

でも、走る上で特に違和感は無し。

 

聞いたところレンタルカートのレコードタイムは37秒台とのこと。とりあえずターゲットタイムを2秒落ちくらいにして頑張ろうと心に決めた。

 

コースはこんな感じ。

f:id:DAINAGON:20160925230904j:image

反時計回り、全長603メートル。

路面は近年再舗装したのか、とても滑らかで美しい。走りやすそうだ。

 

いよいよコースイン!

SODIカートの乗り味はやはりマイルド。エンジンの振動が伝わりにくく設計されているのだろうか。滑らかな路面と相まって乗り心地が良い。

ただやっぱり曲がらず、止まらず、重い印象。 

f:id:DAINAGON:20160925231835j:image

1コーナーは見た目ベタ踏みの高速コーナーかと思いきや、実はそうではないっぽい。

クリア後の直線区間が長ければ行けるのだろうが、すぐ緩やかに左に曲がり始めるのでアクセルオフもしくは軽くブレーキングしないとタイヤが堪え切れずラインを大きく外すor滑る。

アクセルオフでの調整はどうも立ち上がりに影響する感があるので、ここはポンと軽いブレーキングで進入することにしたのだが、これで正解!という確信は得られず微妙。

 

続いて2つのヘアピン。

滑らせてみたり色々試したが、1ヘアはしっかりブレーキングしてグリップ走行、脱出後左に大きく振り、2ヘアはアクセルワンオフでグリップを維持して通過する。のが良い感じ?

脱出後は左のガタガタ縁石に乗ったり乗らなかったり。周回毎に走りにムラがあるわーー。

f:id:DAINAGON:20160926000811j:image

いちばん頭を悩ませたのがバックストレート後の複合セクション。

約90度コーナー(正式名称は知りません笑)の後、間髪入れずS字に入るのだが、約90度コーナーを脱出してから即ブレーキングするか、約90度コーナー前に軽くブレーキングし、ゆとりを持ってS字を迎えるか、正直よくわからず…

S字をクリアすればあとは1コーナーまでベタ踏みな訳で、いずれにしても如何に早くアクセルを復帰させるかが重要なのだが、どちらもS字で体感スピードの違いは感じられず。

セクタータイムがわからないので、ここは結構モヤモヤする。次の機会に色々試してよう。

f:id:DAINAGON:20160926002040j:image

最終のシケインは直線的にクリアすれば何の問題も無いが、このサーキットは総じて縁石がこんもり分厚いので左、右とやってくる縁石には乗り上げ厳禁。慣れるまでちょっと縁石が怖かった。

f:id:DAINAGON:20160926002353j:image

いや〜なかなか奥の深い、いやらしいコースです。

仲間達と走ったので、クリアラップを取れない周回が多かったのだが、3セット目ラスト周回で何とか設定した目標タイムを切ることが出来た。ホッ。

 

…と、ここで閉店時間。

課題がかなり残ったままなので、また必ず再挑戦させていただきます!

楽しかったー。

f:id:DAINAGON:20160926004559j:image

f:id:DAINAGON:20160926004737j:image

 

公式サイト

http://www.sportslandikoma.jp

 

[独断と偏見評価](レンタルカート目線)
難度★★★★☆
度胸度★★☆☆☆
爽快度★★★☆☆
コスパ★★★☆☆
ホスピタリティ★★★★★

自己ベスト38秒844