大納言 疾走る!

レンタルカートを中心に無責任に不定期に語る。

東京モーターショー2017 行ってみた

東京モーターショーに潜入し、ブラついてきた。

感じたことを書き綴ってみよう。

f:id:DAINAGON:20171103142456j:image

まずトヨタ。 

f:id:DAINAGON:20171104074201j:image

f:id:DAINAGON:20171104074235j:image

ワールドプレミアのコンセプトカー。

単なるオープンの86にしか見えないが、顔だけ別人になっている。マット塗装で明らかに盛り上がってるから、オープン86のフロント周りに違うデザインのガワを被せました。って感じ?

f:id:DAINAGON:20171104074752j:image

新型なれど、いかにもセンチュリー。重厚感に更に磨きがかかってますな。穏やかな顔なのに威圧感を発するデザインは秀逸。

f:id:DAINAGON:20171104075104j:image

テールも奇をてらわず安心感が漂ってる。レクサスのツリ目プレデターをガキ扱いするかのような大人のゆとり。デザインも生き様もカッコええわ。

最近の珍妙なトヨタデザインの中にあって、このセンチュリー様の存在は何故かホッとします。

f:id:DAINAGON:20171104080748j:image

未来の車。

タイムトラベルしそうなデザインなのに宙にさえ浮かない。いつまでタイヤで走らせるんじゃい。動力が電気になる以外の基本的な仕組みは今の車と大して変わらないのだろう。

とにかく見た目だけがやたらと未来なのだ。街や道路のデザインも変えないと釣り合いが取れないっす…。

f:id:DAINAGON:20171104081719j:image

ジャパンタクシー。

キャビンは広くて乗り心地がいい。でもトランクは余り広くなかったので、どデカいスーツケースを持った外人さんの荷物は載らない。

普通の乗用車としても売れそうじゃない?

f:id:DAINAGON:20171104082528j:image

次期エスティマと思わしきコンセプトカー。

ビビるほど所有欲を抱かせない顔。なにこのヘン顔。

f:id:DAINAGON:20171104082842j:image

後ろに回れば更に驚きのネコ耳バットマンスタイル。まあコンセプトカーだからやりたい放題でいいけれど「憧れるカッコよさ」の要素は絶対必要だと思うんですが…

やっぱりエスティマは初代の卵型をもっと追求してほしいなぁ。

f:id:DAINAGON:20171104083231j:image

f:id:DAINAGON:20171104083433j:image

いすゞ。やたらかっこいい大型トラックを見つけたので乗ってみた。座る機会なんて滅多に無いからね。

f:id:DAINAGON:20171104083713j:image

シートは思ったほどフカフカじゃなく、適度にタイトだ。インパネもシンプルだし、やっぱり仕事の車なんだな。

一応リクライニングは出来た。およそ45度くらいか。仮眠はできそう。ていうかシートの後ろに余裕で横になって寝られるくらいのスペースが確保されているのに驚いた。結構広い。

f:id:DAINAGON:20171104110608j:image

f:id:DAINAGON:20171104110521j:image

ベンツ。お約束のようにF1マシンが鎮座している。改めて見るとF1マシンって長いなぁ。

f:id:DAINAGON:20171104110728j:image

隣にはF1マシンと同じエンジンを載っけてるというスーパーカーが。言われてみればリアディフューザーと取って付けたようなシャークフィンがF1マシンぽい。

f:id:DAINAGON:20171104111006j:image

マツダ。今回もマツダは赤ゴリ推しだった。

f:id:DAINAGON:20171105003634j:image

次期アクセラになるのであろうコンセプトカー。

フロントマスクがひたすらカッコいい。これは所有欲が湧く!マツダ顔は見飽きたし、もうパターンの限界だろうと思っていたが、こいつはイケる!

気がかりなのはナンバープレートの位置かな。ナンバーの位置次第でカッコいいデザインが一気に台無しになるからな。現行みたいなグリル内への配置だけはやめたほうが良い。

f:id:DAINAGON:20171105004150j:image

サイドビューはフロントマスクとは裏腹にのっぺりしているが、これはこれで面の美しさがある。窓が薄く、途方もなく太いCピラーのお陰でナナメ後ろの視界はもう最悪だろう。しかしコンセプトカーはデザイン勝負だからこれでいいのだ。

とは言え、アテンザなんてほぼコンセプトカーのまんま登場したから、こいつもデザイン優先でそのまま登場しちゃうんだろう。

ていうかコンセプトカーってズルいよな。21インチくらいのどデカいホイール履かせて車高短ツライチでカッコよさ3倍増し。もしデザインがママでデビューしたとしても足回りの見た目はコレより確実に貧弱になるからね。

f:id:DAINAGON:20171105004839j:image

ナナメ後ろのスタイルはアルファロメオか?と思っちゃうような日本車離れした色気がある。

f:id:DAINAGON:20171105005416j:image

こいつはセクシーだ。プレミアム感たっぷり。次のアクセラを楽しみにしておこう。

f:id:DAINAGON:20171105083547j:image

スバル。いちばん好きなメーカーだ。

f:id:DAINAGON:20171105083706j:image

GT300のBRZ。正直見飽きたなぁ〜。

f:id:DAINAGON:20171105083508j:image

次期WRXと思われるコンセプトカー。

楽しみにしてたけど、数年前にニューヨーク?で公開された現行WRXコンセプトの方がカッコよかったなあ。

f:id:DAINAGON:20171105085137j:image

フェンダーのカーボンパーツがなんだかクロスオーバー車ぽくも見えるが、「わて、四駆でんねん。」アピールというか、AWDセダンならではの力強さ感の演出なんだろう。

f:id:DAINAGON:20171105085902j:image

顔は最近のスバル顔。でもこのヘッドライトは実際にはあり得ないから、フツーのライトになったら相当イメージがかわりそう。

f:id:DAINAGON:20171105090053j:image

ディフューザー一体型マフラー。元が作り込まれ過ぎるとカスタマイズは難しそうね。

f:id:DAINAGON:20171105090407j:image

スバルはマツダと真逆で、ビジュアルよりもユーザビリティ重視主義(と勝手に思い込んでる)なので、コンセプトカーのニュアンスをかすかに残しつつ、実用的なスタイルになって登場するのでしょう。それはそれで楽しみ。

f:id:DAINAGON:20171105091451j:image

WRXのS208。この水色かっこいい。黒の樹脂パーツとマッチするね。

f:id:DAINAGON:20171105091744j:image

インプレッサの新パーツ案。新型シビックを意識して急遽センターマフラーを作ってみたのだろうか。やっぱりエンジン車は排気口が見えた方がいいね。ノーマルは見えないようになっててダメ。

f:id:DAINAGON:20171105092215j:image

f:id:DAINAGON:20171105135836j:image

日産の未来の車。トヨタのブッ飛びっぷりよりも、かなり現実路線だ。

f:id:DAINAGON:20171105140245j:image

と思ったら日産もブッ飛んでいた。こいつこそタイムマシンの類だろうか(汗)

f:id:DAINAGON:20171105140411j:image

GT-Rはもはや鮮度感皆無やなぁ。マイチェンしても見た目は殆ど変わらんもんね。フルモデルチェンジは予定されているのだろうか?

f:id:DAINAGON:20171105163654j:image

f:id:DAINAGON:20171105163736j:image

アウディ。今日いちばん欲しくなったのがこのRS4アバント。カッコいい、いかつい、速い、デカすぎない、荷物も載る。よし!宝くじが当たったら買おう。

f:id:DAINAGON:20171105174045j:image

f:id:DAINAGON:20171105191535j:image

フォルクスワーゲン。気になったのはワーゲンバス。

f:id:DAINAGON:20171105191607j:image

どこから見てもワーゲンバス。という黄金比を維持しつつも新しさを感じさせるデザインが素晴らしい。

f:id:DAINAGON:20171105192637j:image

ライトを丸目にすれば飛ぶように売れるんちゃう?

f:id:DAINAGON:20171105192902j:image

f:id:DAINAGON:20171105193012j:image

レクサスのフラッグシップ新型LS。天井が低く随分クーぺルックになっている。車高が低いからめっちゃ長く見える。

f:id:DAINAGON:20171105193224j:image

現行LSより2つくらい上のグレードか?と思ってしまうくらいプレミアム感が上がりまくっている。スピンドルグリルも板につき、最早まったく違和感がない。

f:id:DAINAGON:20171105194143j:image

で、LSの謎のコンセプトバージョンも登場していた。

f:id:DAINAGON:20171105194232j:image

このコンセプトカーの存在意義は謎だが、この車が後ろから猛追してきたら、恐怖の二文字しか無い。

f:id:DAINAGON:20171105194322j:image

いかつい。とはまた別の、新たなカテゴリーの押しの強さ。感情が感じられない、意思疎通が図れないような不安感。まさに未知との遭遇の恐怖だ。 

これを見てから、上の新型LSをもう一度見直して欲しい。こたつに入ったかのような安心感が得られてホッとするから。

f:id:DAINAGON:20171105195045j:image

ヤマハ。四輪に参入というニュースから随分たつ気がするけど、どうなってんだ。

f:id:DAINAGON:20171105212520j:image

と思ったら四輪のコンセプトカーを展示していた。三人掛けでドライバーが真ん中というアイデア

でも求めてるものとなんか違う。ヤマハSUVあかんでしょ!ヤマハは絶対ピュアスポーツでしょ!勝手なイメージやけども。

 f:id:DAINAGON:20171105230800j:image

後ろに回ってみれば流石ヤマハ。バイクのことは忘れない。

f:id:DAINAGON:20171105231151j:image

このエンブレムを付けた車にいつか乗ってみたいなあ。音叉がクロスしたヤマハのエンブレムは、日本車ではスバルと双璧のイケてる指数の高いエンブレムだと思う。

f:id:DAINAGON:20171105230852j:image

勿論、楽器のことも忘れていない。

f:id:DAINAGON:20171105230940j:image

ロッシに勝つことを目標にしている自律型ライダーロボットのモトボット。夢があるねえ。でもモタモタしてたらロッシ引退するで。

f:id:DAINAGON:20171105231118j:image

で、ホンダ

f:id:DAINAGON:20171105231455j:image

f:id:DAINAGON:20171105231503j:image

コンセプトカーはいずれもレトロ風な愛嬌あるデザイン。この方向に進んでいくのだろうか。案外ええと思うで。

f:id:DAINAGON:20171105231636j:image

フロント、リアともにコミュニケーション機能が付いている。ハザードの代わりに使えそう。「あざっす!」「煽るのやめて!」「急いでます!」「漏れそう!」とかね(笑)

f:id:DAINAGON:20171105231953j:image

以上。

やっぱりモーターショーってワクワクする。車って究極のオモチャですな。

 

最後に、「スズキのエンブレムを完全再現するコンパニオン」さんの写真。

個人的にすげー!と思ってたらネットでも話題になってて嬉しかった。

自分で考えたのかな?

f:id:DAINAGON:20171106013100j:image