大納言 疾走る!

レンタルカートを中心に無責任に不定期に語る

モーターパーク所沢 走ってみた

西武ドームのD駐車場の一部を改装して作られた特設カート場西武球場前駅から近く、レンタルカート場としては珍しく電車でのアクセスが抜群である。

夏の炎天下の中、ヘタっぴゴルフで芝生を駆けずり回った後なので体力的にやや不安だったが、2016年4月にオープンしたばかりという情報を耳にしていたので、これは走って帰らない訳には行かねぇ。ということで帰路に立ち寄ってみた。

いざ走るとなると、アドレナリンが噴出してバテた体が嘘のようにみなぎってくる。いやぁ、カートは別腹ですね!

 

駐車場を改装して仕立てられたサーキットなので、コースは白線とタイヤバリアで仕切られており、一見しただけではどんなレイアウトなのか全くわからない。

f:id:DAINAGON:20160731224620j:image

路面は粗い石ころの目がザラザラしたアスファルトで、当たり前だがサーキット仕様のモノではない。走り心地は良くないだろうな…

f:id:DAINAGON:20160731225301j:image

こういう特設コースって、F1でいうところのモナコとかバクーのようなガードレール等の壁に囲まれた逃げ場のないストリートコースみたいなものだ。と勝手に理解する。

コーナーは縁石が無く、全てタイヤバリアとスポンジなので、それらの壁に当たらないようにギリギリを攻められるかどうかが鍵となる。

また、タイヤバリアによって視界が遮られブラインドとなり、次のコーナーは一切見えない。行き当たりばったりの走行は禁物である。

よっしゃ!レンタルカート界のモナコに挑んでやろうじゃねえか!

身勝手すぎるシーン設定を脳内で行い、バテバテの自身を鼓舞していざ受付へ向かう(汗)

 

18時前に訪れたので、土曜日というものの客はゼロ。これは思う存分走れそうだ。

f:id:DAINAGON:20160731231519j:image

閉店まであと1時間程度だが、体力の消耗を顧みず思い切って3トライをチョイス。3トライ目からやや割引となる。走行料とは別にタイムシート出力代として500円が必須。運転免許の提示は不要のようだ。

f:id:DAINAGON:20160731232008j:image

ここで初めてコースレイアウトの全容を知る。ふむふむ。時計回りで2つの鋭角S字が配置されているわけですな。ブレーキポイントは2箇所でいけるかな?試してみよう。全長はよくわからない。450mくらいか?

後からGoogleマップで上空から見てみたが、コースを作りかけ?なのかレイアウトが少し異なるようだ。何の参考にもならないが、面白いので一応貼っておこう。

f:id:DAINAGON:20160731233624p:image

f:id:DAINAGON:20160731232555j:image

マシンは割と年季の入ったSODIカート。デザインはなかなかオシャレですね。

エンジンはホンダGX270。10馬力、最高速度60キロとのこと。

f:id:DAINAGON:20160801002259j:image

メットを拝借して、いざコースイン!

f:id:DAINAGON:20160731235125j:image

カートの第一印象は、思ってた以上に曲がらない。鈍くて重い。

そして路面が粗いためか、よく滑る。

丁寧なグリップ走行では、モタついて良いタイムは出ないかも。

車が曲がらずよく滑るぶん、鋭角コーナーではスライド気味に頭の向きを変え、スピードを殺さずにコーナーをクリアする必要がありそうだ。

青空の下でアスファルトを走りながらも、ピカピカ路面をチュルチュル滑らせて走る屋内カートのような側面を併せ持つ、ハイブリッドなカート場ではないか!これは案外奥が深いかも。

とりあえずコースをひと通り覚えて、1セット目が終了。

f:id:DAINAGON:20160801223047j:image

2セット目は2箇所のブレーキングポイントを煮詰めていこう。

2箇所とも過去のレンタルカートの経験則に基づいて、ここだっ!と思ったタイミングでコーナーにアプローチすると、アンダーステアで確実にクリッピングを逃してしまう。

ブレーキ1箇所目の3コーナーは、1・2コーナーを弧を描くように全開で抜けた後、その延長線上のまま、やや勢い余らし気味にポンと軽くスライドさせて鼻っ面をコーナーに向けていく。(何だか書いていてよくわからないが、1〜3コーナーはひとまとまり。一連動作のイメージが良さそう)

2箇所目の6コーナーは、大丈夫か?と思うくらい前もって向きを変えてやる。カートが応答する頃には丁度良い塩梅でコーナーがやってくる。

ともにある程度アウト、イン、イン気味にクリアしないと、返す刀で続くコーナーへの進入が苦しくなる。

数周走ってタイヤが温まってくると、これら動作が容易になってきた。タイムを詰めるのは後半が勝負だな。

 

3セット目。

まだまだムラのある2つのブレーキングポイントの精度を更に高めていこう。

と思ったものの、どうしても全てをドンピシャで決めることが出来ない。

どうも走りに集中できなくなってきた(>_<)

下手っぴゴルフ+小回りカートの激しさに腕が疲れてもうパンパン。

そして実はこのコース、元駐車場なだけあって、コース内に排水溝の鉄のフタが帯状に3箇所存在する。2箇所目まではさほど気にならないが、最終コーナー手前の3箇所目を通過するとガシャン!という衝撃が突き上げ、カートが跳ねる。

終盤は衝撃で背中が痛くて痛くて体を浮かせて走っていた。

…そんな満身創痍の中(大袈裟)、なんとか3セット目も少しタイムを良化させることができた。

もう少し詰められる余地はあるが、今日のところは満足。

f:id:DAINAGON:20160801231640j:image

ちなみに、こんな遊園地系?のカートも用意されている。

f:id:DAINAGON:20160801231805j:image

子供の遊び場もある。

f:id:DAINAGON:20160801231832j:image

表彰台もある。が、横断幕はきっちりとセットして欲しいぞ(^_^;)

f:id:DAINAGON:20160801232054j:image

利用していないが、待合室も完備。

f:id:DAINAGON:20160801232037j:image

駐車場という殺風景な見た目とは裏腹に、案外奥深く楽しめるコースだった。

f:id:DAINAGON:20160806210525j:image

また来まーす!

 

公式サイト

http://www.klk.co.jp/fkm/

 

 [独断と偏見評価]
難度★★★☆☆
度胸度★★☆☆☆
爽快度★★★☆☆
コスパ★★★☆☆
ホスピタリティ★★☆☆☆

自己ベスト 27秒075