読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大納言 疾走る!

モータースポーツ、あんこ話を中心に無責任に不定期に語る

ネオスピードパーク 走ってみた

ホントに辿り着くのか?

という不安を半端なく感じさせる田舎道をしぶとく進むと現れる。千葉県八千代市にある国際レディースゴルフ倶楽部の裏手に隣接する緑豊かなカート場

到着するまで随所に方向指示看板が設置されているので、信じて進めば大丈夫。

まだ新しいっていうのもあるかもしれないけど、車もコースも施設もこまめにメンテナンスされてるようで美しい。

愛情こめて管理されている様子が伺える。

一般的なカート場の男臭ぁ〜い無骨な雰囲気は無く、どことなくリゾート感を醸し出している。

f:id:DAINAGON:20160625152242j:image

クラブハウスに受付スペースと上品な待機スペース。テーブルとオシャレな椅子が数セット配置されていて、走りの疲れを癒すには環境がいい。冷暖房完備で夏も冬も問題なし!

屋外のタバコスペースも嬉しい。ベンチに座って煙を吐きながら間近にコースを眺められるし、いいわー。

 

気になるお値段は…

入会金を除き、土曜日で3回券3400円!

高いカート場なら3400円出しても2回も走れませんよ。

この設備でこの安さ。オーナー様の志に敬服いたします。 関係者じゃないけど褒めるしかない。

コース上にタイム表示盤あり、走行後のタイムシート提供あり。

ホンマ至れり尽くせりやで。

 f:id:DAINAGON:20160625152135j:image

使用マシンはbirelだが、メカニックさんによりオリジナルのチューニングが施されているとのこと。

ピッカピカのマフラー付いてるやん!

カッコええやーん!

…これは期待大ですな。

 

ということで、なーんとなく鈴鹿サーキットのレイアウトを彷彿とさせるネオスピードパークを攻めてみた。

 f:id:DAINAGON:20160705181420p:image

1コーナー

カート場の解説によると色々な進入方法があるらしい。

速い人のライン取りを見ていると左の縁石までコースを目いっぱい活用してコーナリングしているが、

コースの中央からやや小回りに進入することもできる。

立ち上がりのスピードに差が出るだろうから、やっぱり左の縁石まで道幅を大きく活用した方が良いんだろう。

いずれにしても、タイヤが温まってきたら一瞬キュッとブレーキングするだけでスイっと気持ちよく曲がれる。

 f:id:DAINAGON:20160625152445j:image

S字

このコースの象徴的セクション。

アップダウンが激しいし、一部ブラインドになってるから先が見えないし、スピード感抜群だからそらもう怖い。

ある程度S字具合を頭に叩き込んでおかないと、行き当たりばったりでハンドルをえっちらおっちら切ることになり、リズムが乱れて体が反動で激しく揺さぶられてしまう。

集中力が大事ですね。

ここはS字具合をあらかじめ想定のうえ、リズム良くできるだけ直線をイメージして駆け抜けるのが気持ちいい。

いずれにしてもここはアクセルベタ踏みなので多少リズムが狂っていようが大勢に影響はないはず。

 

ヘアピン

S字の脱出を誤るとストレート右サイドにオーバーしそうになりヒヤッとする。

S字ラストは縁石に乗ると多少楽かも。

で、ストレートで左に大きく振ってヘアピン突入。

ハードめのブレーキングをドンピシャで決めないと、立ち上がりが著しくモタつく。

結構シビアなコーナーなのでワタシ程度の腕前ではなかなかまとめられん。

ムズいっす。

ヘアピン脱出後、ちょいと右に振ってからシケインに突入。

シケインに対して多少大きめに曲がってやれば、グリップを失わずアクセル全開で大丈夫。

シケイン脱出後の左縁石は勢い余って乗っかってもドライなら問題なし。

 

いやー、たのしい。

安いからおサイフにも優しい。

いいわーここ。

 

メカニックさんによるココ専用のマシンチューニングなるものは、残念ながら素人の私レベルでは実感することができなかった。

どノーマルが1台あるのなら、是非乗り比べてみたいなあ。

 

マシンは調子の当たり外れも殆ど無い感じ。

ちなみに、あの4番のカート乗せてー。というようなリクエストには応えてくれませんでした。

置いてる順番通りしかダメなのですね。当たり前か。

 

しかしカートってレンタルのレベルなのにホント激しく疲れる。

ふだん使わない筋肉と集中力を一気にフル稼動させるからなんだろうな。

特に1セット目の疲労が半端ない。

身体が目覚めるのか、2セット目は何故か楽になる。

で、3セット目以降は疲労の蓄積により肉体パフォーマンスが落ちてくる。

私の勝負どころは2セット目ですね(^_^;)

 

カートって、ハタから見てるとスイ〜スイ〜と優雅に走ってるように見えるのにねえ。

見た目と実践とのギャップが激しい、ちょっと損してるスポーツやね。

 

なにはともあれこのコース、速い人はサクっと29秒台出したりしてるみたいだけど、

凡人の私には全く理解不能でした(汗)

 

公式サイト

http://www.neospeedpark.com

 

[独断と偏見評価]

難度★★★☆☆

度胸度★★★★☆

爽快度★★★★☆

コスパ★★★★★

ホスピタリティ★★★★☆

 

自己ベスト30秒5