大納言 疾走る!

レンタルカートを中心に無責任に不定期に語る

フォーミュランド・ラー飯能 走ってみた

埼玉県飯能市の素朴な田舎風景に溶け込むように佇む老舗カート場

数年前にリニューアルされた綺麗なアスファルト。しっかり縁石も配置され、芝生も茂っている。灰、緑、赤、白のコントラストは、これぞまさしく本格サーキット!いや〜、否が応でもヤル気が出る。

でっかい駐車場をタイヤバリアで仕切って作ったような、お手軽設計の特設カート場よりも、俄然テンションが上がるぜ〜

f:id:DAINAGON:20160702224056j:image

オーナーはいつの頃からか塚越広大氏。レース業とオーナー業。二足のわらじですね!いろいろ大変だろうけど、羨ましいなあ〜

受付の気さくなお姉様に保険料500円と走行料を支払ってスタンバイ

初めての場合はお兄さんがピットで詳しく乗り方を説明してくれる。

 

ちなみにビジターは1回8分走行で2500円、3回セットなら6500円で1000円お得。3回も走ればもうヘトヘトでお腹いっぱい。

ラップタイムの出力は200円。これくらいはサービスしてほしいなぁ〜

ま、ピットのモニターに表示されるタイムを走行後にスマホで撮影すればいいや。セコくてすみません(^_^;)

 f:id:DAINAGON:20160702224221j:image

f:id:DAINAGON:20160703065851j:image

休憩スペースは多少あるけど、クラブハウスは狭く、外にもベンチが少しだけ。混雑時は屋外で立っておくしかない。

f:id:DAINAGON:20160702224341j:image

ピット2階に喫茶スペースもあるけど、何か注文しないと座れないシステム。

勝手に居座ると注意されちゃう。真夏や真冬での屋外待ちはちょっとツラいなあ…

 f:id:DAINAGON:20160702224358j:image

マシンは無限PK、エンジンは4ストのスバルEX21とのこと。スバル大好きなので、なんだか嬉しい。

シートにYAMAHAって書いてあるけど、シートだけYAMAHAなのだろう。


N35よりも軽量?なのかどうかは知らないが、操作感は実に軽快な感じ。タイヤも想像以上にグリップする印象で気持ちいい。

あと、ステアリングに液晶画面が装着されており、ラップタイムを常に確認できる。進んでるぅ〜!

 

乗るマシンによる当たり外れはほぼ無さそう。

聞いてみたら、個性の違いは多少あるものの、タイム的には差がほとんど無いらしい。

毎日行う全車の走行検査でのタイム差は僅か0.1秒程度なんだとか!!

いやー。こういう部分ってホント大事ですよね。いくらコースが素晴らしくても、乗るカートにバラつきがあったらモチベーションがダダ下がりやもん。

 f:id:DAINAGON:20160703081719j:image

f:id:DAINAGON:20160702224432j:image

さて、素人なりに頑張ってみた!

 f:id:DAINAGON:20160705181644p:image

1コーナー

このコースいちばんの爽快かつ豪快なコーナー。

メインストレートがやや下り勾配であり、スピードが乗り恐怖感満点なのでアクセルベタ踏みで行けるまで何周か要したものの、うぉりゃっ!っと気合いで飛び込むと難なくクリアできた。

進入角度を間違えるとアウト側のスポンジバリアとこんにちわ。

急ハンドルだとスピンしちゃう。

コーナーに入る少し手前、直線から徐々に切りこんで行くと意外にスンナリ曲がれる。

 

2コーナー
同じ要領でベタ踏み。

こちらもミスって進入を間違えると脱出後のアウト側の縁石をオーバーしそうになるので要注意。

  

3コーナー
脱出してアウト寄りに抜けた後、素早く1回目のブレーキングポイント。

 f:id:DAINAGON:20160702224451j:image

4コーナー
ガツンと荷重を前輪にかけてケツが振られすぎないようにしつつコンパクトにサクッと曲がる。

上手くいくと吸い込まれるようにスイっとシケインに頭が向く。

4コーナーが見えてからアクションしていては遅い。3コーナー脱出後すぐにアクションを始めないと、若干手遅れ。

 

クランク
直線をイメージして動きを最小限に。

クランク出口で左に少し振ると続く7コーナーに入りやすくなる。

 

7コーナー
恐らくここはベタ踏みで行くとオーバーする。(一度試したら勢い余ってスピンしてそのままケツから谷底に落ちた…汗)

なにはともあれ、ブレーキは不要だと思うので一瞬アクセルオフして進入。

クリッピングからアクセルオン。

グリップが戻り路面を掴み直して、なーんにも考えずに8コーナーを済ませる。

 

9コーナー以降
バックストレートで一息ついて9コーナーへ。

個人的にはここが最難関。

ここ以降、減速する箇所が無いのでここをミスるとメインストレートの伸びにまで影響してしまう。

でも、これがなかなかうまくいかないんだなあ…

軽くポンとブレーキングしてクイックにコーナーへ進入。

ここはアウトインアウトせず、続く左の10コーナーの進入を意識してアウトインインでクリアする。
勢い余るとアウトインアウトとなり、結果10コーナーがキツくなって膨らんでしまい勢いが途切れる。

うまぁーくストレスなくアウトインインでクリアするのが結構難しい。

上手くクリアできれば、あとは素直なライン取りを心がけてストレートまでベタ踏みあるのみ。

スピードが乗っていると最終コーナーあたりでややアンバランスになるけど、ステアリング補正でいなしましょう。

 

やっぱりブレーキポイントの4、9コーナーがムズいわー。奥の深いコースだなぁ。

もっと練習して上手くなったら、いつかよくばりレースに出てみたいと思う今日この頃(^^)

 f:id:DAINAGON:20160702224514j:image

公式サイト
http://www.rahanno.com

 

[独断と偏見評価]
難度★★★★☆
度胸度★★★★★
爽快度★★★★★
コスパ★★☆☆☆
ホスピタリティ★★★★☆


現時点自己ベスト33秒7